普賢菩薩は、「一切の供養の中で、法(佛法)による供養が最たるものである。」と、はっきりと示唆されております。 本会の活動は、一貫して、『自発的な考えや行動』を軸とし、何事も強要されるものではありません。 また、当初の主旨から外れることなく、『佛法を広め、全ての息年生けるものに利をもたらす』、『多くの芽が、苦しみから離れ、喜びを得ための大悲心を得るのを助ける』と言う考えに基づいて、導師が開示された、カセット・ビデオ・VCD等一切の淨宗の法宝を、無料で流通させております。 活動基金と法宝の製作経費は、みな、各方面からのありがたい善意の布施でまかなわれております。 そのため、学会のすべての施設は、金銭を一切徴収することなく、本当に佛教を学びたいと願う修行者の使用のために開放しています。  皆さんが、悟りの境地を得ようとお考えになり、『阿彌陀佛』を一心に唱え、早く正覚を証し、その結果、悟りを開くことができますよう、お祈りいたします。

  本会は、現在までに、世界各国に50個所を超える流通所があり、修行者の全てが、法宝を配る仕事を代理することを義務としております。 近年は、各所に学ぶ修行者の要求に基づき、本会は、彼らが淨宗学会を設立することに助力するとともに、佛陀が後世にお残しになられた佛宝を世の中に長く根付かせ、淨土の梵音が世界隅々にいき渡るよう願っております。 私達は、導師のご指導を把持し、『真誠・清淨・平等・正覚・慈悲;看破・放下・自在・随縁・念佛』を実行していくため、日々専心励んでおります。 私達は、佛陀の真の弟子となり、永久に佛を求め淨土に生きるという、未来の大きな目標を変えることはありません。